無呼吸症候群など生活を脅かす病気|内科に通えば病気ないか!

医者

性病の検査方法は三つ

性病の検査方法

男性

性病の検査をするのに、病院でするか、保健所でするか、または検査キットを使用するのに悩ましいところだと思います。 泌尿器科や婦人科、小児科、皮膚科などで検査ができますが、病院で行うと、初診料と別に検査代を払うこととなります。しかし、病院で検査して、もし性病が見つかった場合は、治療をスムーズに始めるといったメリットもあります。 次に、保健所で行う場合です。保健所で行う場合、基本的に検査費用が無料で受けることができるというところがメリットです。また、匿名で受けることができるため、プライバシーの保護にもつながります。しかし、検査項目が限られてしまうといったデメリットもあります。 最後に、検査キットで行う、性病検査方法です。検査に必要な物品がセットになっており、その検査に必要な血液や粘液を検査機関に送ることで性病感染の検査を受けることができます。病院や保健所に行く手間がなく、自宅で性病がチェックできるため、気軽に検査が受けられると人気になりつつある性病検査方法です。 いろいろな方法で検査を受けることができるため、自分にあった性病検査方法で受けることができるようになっています。

パートナーや子供にも

性病とは、HIV、クラミジア、淋病、梅毒、カンジダ、疥癬、ケジラミ、尖圭紺地ローマ、性器ヘルペス、トリコモナス、などがあります。 もし、妊婦さんが梅毒であれば、胎盤を通して、赤ちゃんも梅毒にかかってしまいます。そして、赤ちゃんが流産したり、生まれてきた場合も、発育が不良になります。そのため、妊婦さんは、妊娠が分かると梅毒の検査を受ける必要があるのです。 非淋菌性尿道炎はクラミジア感染症の一つでありますが、女性では無症状のことが多く、放置すると、子宮頚管炎、子宮内膜炎、骨盤内炎症疾患を引き起こすといわれています。 パートナーのうち一方が性病にかかっている場合は、その相手もかかっている場合も多く、一緒に検査をすることが必要となってきます。

Copyright ©2015 無呼吸症候群など生活を脅かす病気|内科に通えば病気ないか! All Rights Reserved.

This template downloaded from: freetemplates.sarkis-design.com