無呼吸症候群など生活を脅かす病気|内科に通えば病気ないか!

医者

症状を解消させる方法

生きがいを見つけておくと良い

男性

更年期障害は誰にでもなりうる可能性があります。症状は個人差が大きいですが、のぼせやイライラまたは頭痛やめまいや冷えや動悸などがあります。 ホルモンのアンバランスにより体のバランスも乱してしまいます。 女性が閉経を迎える時期に卵巣の機能も衰えて更年期の症状があらわれます。 更年期の症状が出たときは、無理をしないことが大切ですがストレスをためないように生活することも大切とされています。 日常生活に生きがいがあると更年期の症状にあまり悩まされないですむケースも報告されています。あまり家にひきこもりになってばかりいるのもよくないようです。 家族の方にも更年期障害で起こる症状の事を理解してもらっておくと過ごしやすくなるでしょう。

食品でホルモンパランスをととのえる

更年期の症状が起こるのには、社会生活や家庭環境の変化でも大きく関係してきます。 ストレスを多く感じやすい世の中になっていますので、症状が重くならないように注意しなければなりません。 ホルモン剤を中心とした治療が行われることもあります。 またホルモンパランスをととのえることが出来る食品を取り入れることも大切です。 ビタミンEが含まれているピーナッツやアーモンドなどが良いでしょう。イライラを抑えて体を若返らせる効果が期待出来ます。 おやつを食べたいと思ったときには、ケーキやクッキーを控えてナッツ類にされると良いでしょう。 またはのぼせなどの症状を解消してくれるエストロゲンが含まれる大豆や納豆なども効果があります。

Copyright ©2015 無呼吸症候群など生活を脅かす病気|内科に通えば病気ないか! All Rights Reserved.

This template downloaded from: freetemplates.sarkis-design.com